FC2ブログ

見世物小屋の私

山犬娘-1

くされ汚牝子-1

室井亜砂二さまが、見世物小屋で無様で哀れな芸を演じる私の姿を綴ってくださいました。
とても嬉しかったので、みなさまに見ていただきたくて掲載しました。

   <見世物口上『変態牝家畜・汚牝子』> 

「ハイ、ご通行中の皆様。ご用とお急ぎのない方はお立ち寄りになって、世にもかわった見世物をご覧になってお帰りください。
さあ、お客様、これから垂れ幕を上げますからよくごらんください。後ろ姿ですが女ざかりのこのお姉さん。名前を汚牝子という大変態のバカ女。子供の頃に「中国地方の山の中」で山犬にさらわれ、犬の仔として育てられ、発見された後は農家で、飼われていた豚と一緒に家畜小屋で飼われていたので、自分と家畜との違いがわからなくなってしまい、その為いつも獣のように裸で這い回り、人様に観られてバカにされて喜ぶド変態の家畜牝になってしまいました。
まともな人間の女なら決して他人に見せることの無い一糸まとわぬ丸裸、恥ずかしい場所までもわざわざ晒して、獣のように「わんわん、ぶひぶひ」と啼き喚きながら四足で歩きまわります。おまけに人間に戻そうと毎日笞でたたいて折檻調教をしても、折檻されることが大好きなマゾ牝になってしまいヒイヒイと泣いて喜び、自分からお尻をつきだしてくる。そんな珍しいバカマゾ女の無様な姿を觀て、どうぞ嘲笑してあげてください。そうしてこんな女に生まれつかなくてよかったと我が身の幸せを喜んでください。サア、もっとずーっと前へお寄りになって顔だけでも觀てやってください。

汚牝子や。こちらを向いてお前の顔を皆様にお見せしてご覧。このとおり一見何処にでも居るまともな女に見えますが、首にはいつも犬の首輪をはめて、普段はリードを杭に縛って檻の中で過ごしております。今日は全裸のまま檻から引き出して隅から隅まで身体のお調べ。お客様の目の前をあさましい犬豚のように四つん這いで歩き回らせてご覧に入れます。
さあ。汚牝子や、お前の身体をお客様に隅から隅までお調べしてもらうのだよ。スッポンポンの丸裸でそのまま四つん這いで出ておいで。

膝をつかずにお尻を高く掲げて・・・おいっちに、おいっちに・・・ほら、なんて無様な格好でしようね。丸裸で歩けて嬉しいのだろう。家畜らしく啼いて、もっと嫌らしくお尻を振ってみせなさい。

『ぶひ、ぶひ、ぶひー』
お客様ごらんの通り、お尻を振り振り情けない声で啼きながら大きく歩き回っておりますよ。舞台の端から端まで何回も・・今度はゆっくり後ろ下がりで戻ってきて、恥ずかしい部分もくまなく見てもらいなさい。
『ぶひー、ぶひー、ぶひー・・・』
お代は觀てのお帰り。さあ、いま観せていますよ。豚女の汚牝子が丸裸でまわっていますよ。
今が見どころ。どうぞ前の方から順番にお入りお入りー。

舞台の中央で前足を挙げてあさましい犬のようにチンチンをしております。正面からお乳もお股もよく観てもらうのだよ。もっと股をひらいて、オマンコを前に突き出して・・・ お客様、哀れと思ったらどうぞ汚い家畜牝の身体でも触ってやってください。お乳も掴んで股間もさすってやってください。ほら、舌を喘がせて喉の奥で「くんくん」啼きながらあんなに喜んでおります。ああ、浅ましい。元は地位も名誉もある立派な家の一人娘に生まれたお姉さんが、今ではこんな変態のバカ家畜。汚牝子や、恥ずかしい姿を觀られるのがそんなに嬉しいのか。そのまま恥ずかしい歌をうたいながらガニ股のバカ踊りを踊ってごらんにいれなさい。歌の題名は自作の「汚牝子のマンコ」だね。お客様。もっと詰めて、半歩づつ奥へつめてください。馬鹿変態の汚牝子がハシタナイ歌をうたいながらバカのように踊っておりますよ。

『汚牝子のマンコは臭マンコ、すぐパックリと色赤く、・・・・♪』

それそれ、変態のバカ女が恥も外聞もなく踊っておりますよ。今が見どころ、前に詰めて詰めて・・・・。
こういう姉や妹が皆様のご家庭に生まれなかったお幸せを感じて嘲笑ってあげてください。

それでは次にお前が牝か雄かの証拠をお客様によく検査をしてもらいます。雄か牝かの検査はどこでするのだい?後ろを向いて頭を床について・・・客席にお前のいやらしいお尻を向けて高く掲げて・・・・両手で尻タボを大きく開いてお願いをしてごらん。ほら、観せていますよ。よく聞こえないよ。もっと大きな声で・・・。

『どうか私のいやらしいオマンコと汚いお尻の穴を検査して、汚牝子が雄か牝かをお調べください』
そらもっと開かなければよく見えないよ。
『はい。お尻をもっと開きますので、どうか良く御覧ください。よく検査をしてください』

本当になんていやらしい格好だろうね。汚牝子や、そこはどう使うのだい?お客様にご説明してさしあげなさい。
『はい。上は汚女子の汚いお尻の穴です。ウ○コやオナラをしたり、犬になるときの尻尾を差し込んだり、殿方にケツマンコとして使っていただきます』
「その下の割れ目はどう使うのだい?
『ここは私のオマンコで、オ○ッコをしたり殿方のオチンポ様を差し入れしていただいたり、時には手や棒やバイブレーターでオナニーをさせていただき、汚牝子が気持ちよくなっているところを觀て笑っていただきます』

「お前は何も芸がないバカ家畜なのだから、今日はお客様の目の前でウ○コやオ○ッコをだして嘲笑してもらうのだよ。オマルを咥えてそこの正面に置いて、客席にお尻を向けてまたいで・・・。お客様これからこのバカ牝が汚い物を排泄するところをご覧に入れますので、どうぞ鼻をおさえてすこし引いて御覧ください。一度は人間として生まれた女が人としての誇りも慎みも捨てて、卑しい人間家畜と成り果てた最低の馬鹿マゾ姿でございます。

最初は犬のオ○ッコだよ。オ○ッコをするときには片足を高く挙げるのだろう。オ○ッコが出る部分が丸見えだよ。前のお坊ちゃんもよく觀てあげてくださいね。女のオ○ッコはここから出るのですよ。ほら観てもらえるのが嬉しくてあそこがピクピクしているでしょう。汚いオ○ッコがはねかからないように身体を引いてくださいね。さあ馬鹿マゾ牝の汚牝子やーい、おまえの汚い小便を出してごらん。

『はい、バカ犬が汚いオ○ッコをさせていただきます。ああ、出します。オ○ッコが出ます』

ほら、ジョボジョボと女が恥ずかしげもなく脚を上げて丸見えのオメコからオ○ッコをたれていますよ。横にこぼさずにオマルの中にたれています。まあ、女の身でよくこんな恥ずかしい事ができると呆れてごらんください。汚牝子や、そのまま汚いウ○コをひりだしところを御覧にいれなさい。
ほら、うーん、うーんと顔を真っ赤にしてフンバッテおります。
『・・・・・』
おや、今の音はなんだい。
『嗚呼ごめんなさい。汚牝子のオナラです。お許し下さい。お許し下さい』

お客様お聞きになりましたか。汚牝子が大きな屁をした音を。・・・誰が屁までたれろと言ったのだい。何度仕込んでも行儀がなおらないね。さあ、笞打の罰だ。今日はラタンの笞だよ。尻を高く上げて大きな声でお詫びを言いながら数をかぞえてごらん。

『お許し下さい。お許し下さい。バカ牝の身でお客様にオナラをお聞かせしてしまいました。これからソソウのお仕置きとして私に懲罰の笞打ちをお願いいたします。・・・1回、申し訳ございません。2回、お許し下さい。3回、嗚呼、馬鹿豚をもっと懲らしめてください。4回、嬉しいです。5回、お仕置きをありがとうございます。・・・』

お客様御覧ください。みるみるうちにミミズ腫れ出来て尻が染まっていきますよ。
『・・・30回、あ・あ・ありがとうございます。31回、お仕置きくださって嬉しいです。ブヒ、ブヒ、ブヒー・・・嬉しいです、32回、ブヒーブヒーブヒー』

笞で打たれると本性をあらわして家畜豚にもどってしまいます。本当になんて恥ずかしい牝豚なのだろうね。床に土下座の額をこすりつけてお客様に失礼をお詫びして、次にはウ○コを觀ていただくお願いをするのだよ。

『はい。お客様、汚牝子のソソウで下品で恥ずかしいオナラの音をおきかせし、臭いにおいを嗅がせて申し訳ありませんでした。そうしてどうかこれから私が汚いウ○コを出すところも御覧ください。私はバカ豚です。どうぞもっとバカにしてください。』

「ほーら、ぶるぶる身をふるわせて息んでいる姿をごらんください。世にも珍しい女のウ○コひり出しの実演ですよ。皆様よく見ていってください。出ますよ。出ますよ。ケツの穴が開いて・・・ああ、汚いね。最初から太いものが出てきましたよ。こんなバカ女は世界の何処にもおりません。ああ、恥ずかしい。臭いにおいは鼻をおさえてご容赦ください・・今ブリブリとだしております。まだ出ますよ・・・」
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

秘性19

秘性19

三和出版さまから「秘性19」が発売されております。
私の拙い記事もございます。
よろしければご覧くださいませ。

goaisatu1.jpg

私が御主人様の家畜奴隷であること
これからもずっと変わりありません
私のような淫らなマゾ牝が
人に戻れるとは思っておりません
でも今は御主人様以外の人たちに
自分を晒すことができなくなってしまったのです

春の貸し出しのこと
御主人様に恥をかかせたくない一心で
家畜奴隷として一生懸命勤めました
毎日ほとんど裸に近い姿で
たくさんの人たちに嬲られ続けて
毎日が性の玩具でした
奴隷の私にとっては当たり前のこと
心に誓ってがんばりましたが…

ずっと自分を晒してきました
でも今は自分を晒すことがこわいのです
未熟な家畜奴隷を許してください

ブログを続けることができなくてごめんなさい
ここで私をやさしく虐めてくださったみなさま
ほんとうに感謝しています
コメントにお返事をすること
ほんとうに嬉しくて楽しかったのです

どこかの街角で裸にされて
首輪を着けて調教されている私を見かけたら
やさしく見守ってください

さよなら…